永遠に続けなければならない白髪染め

若い印象は髪の毛が作る

女性、男性を問わず、誰でも若く見られたいものです。
しかし、加齢とともに髪が薄くなったり、白髪が出てきたり、髪の悩みは様々ですが、ここでは白髪について語りたいと思います。
いくら肌年齢が若く美しく見えても、毛髪が白髪まじりだと老けて見えますし、薄汚れたように感じてしまいがちです。
そのため、白髪染めをしないといけないようになります。
いっそのこと真っ白な髪だったら、それはそれなりに美しいのでよしとしましょう。
でも、髪全体が総白髪になるのを待つのは難しいです。
だから、白髪があっても若く見られたい人は、白髪染めをします。

手っ取り早い若返り手段が白髪染め

美容院で染めたり、安くあがる家庭での白髪染めをしたり、それはもう大変な労力を伴います。
そのため、家庭で染めるための染料として、簡単にできるよう実に様々な種類のヘアカラーが市場に出回っています。
液状、ジェル状、泡タイプのものまで出てきました。
どれも、髪や地肌には良くないのは分かっていますので、ヘナのように安全を売りにしているものもありますが、どれも一長一短があるようです。

ヘアマニキュアという手もあります

普段は染めて若く見えていても、入院などで染められなくなった時は困ったことになります。
染めていた部分と白い毛髪の部分とが、くっきりはっきり分かれた状態で髪が伸びてくるので、それはもう見苦しいものです。
私は、そういう理由もあって、ヘアマニキュアをしています。
これは、ヘアカラーほどには綺麗に染まらないものの、シャンプーするたび少しずつ色落ちしてゆくので、自然な感じで元に戻ることができるのです。
最近のヘアマニキュアは、ヘアカラーの要素がかなり入ってきていますので、あまり安全とは言いがたいですが、それでもヘアカラーよりは髪にダメージを与えにくいようです。